グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  進路指導 >  進路指導について

進路指導について



進路指導

「成績」だけでなく「成長」に重点を置いて支援しています。

社会における自分の在り方や生き方を模索する高校時代。本校の進路指導は、「成績」だけでなく「成長」に重点を置いて支援しています。在校生のほぼ100%が進学希望者です。特に、大学という最高学府を目指すのであれば、その生徒にとって最高レベルの学校に進むことができるように、受験指導には万全の体制をとっています。単に進学実績に重きを置くのではなく、生徒一人ひとりの希望進路実現を支援する学校を目指しています。また、知育・徳育・体育のなかで特に徳育の必要性が叫ばれていますが、本校では『論語』などを通じてその充実に努めると共に、社会に出てから自分の力で生きて行ける自立した心を養うことに心掛けています。

進路決定までのステップ

大学生活は来るべき将来へのワンステップです。入試難易度や入試科目から学部を選ぶのではなく、自分のライフスタイルを考えてじっくり選ぶことが大切です。まずは「興味のあること・やりたいことは何か」を明確にし、「どの大学で何を学ぶか」ということを以下のステップに沿って絞り込んでいきます。
 
(1)自分を知る
自分の「好きなこと」や「興味があること」「やりたいこと」「向いていること」などが志望校選びのベースになる。

  • 自分の好きなこと、興味あることを見つめ直す。
  • 自分の適性を知る。
  • 興味のある仕事、やってみたいことを考える。
  • 将来の生き方を考える。
(2)仕事について知る
様々な仕事について知ることが、将来の職業をイメージしての進路選択につながる。

  • 仕事の内容について知る。
  • 必要な資格は何かを調べる。
  • 求められる技術や知識、あるいは資格は何かを知る。
  • 仕事に必要な適性について知る。
(3)学びの内容を確認する
進路説明会や相談会に参加したり、進路情報誌やパンフレットを取り寄せて研究する。

  • 希望する仕事に必要な知識・技術が身につき、あるいは必要な資格が取得できる学部・学科はどれかを調べる。
  • 大学に進学するのか短大なのか、それとも専門学校なのかを、それぞれの特徴や違いを調べ、考える。
(4)志望校を絞り込む
積極的にオープンキャンパスに参加し、下記のような角度から比較検討する。

  • 具体的な学びの内容を調べる。
  • 学費や学校独自の奨学金制度について調べる。
  • 就職状況(就職決定率や具体的な就職先)について調べる。
  • 校風が自分に合っているか調べる。
  • 自分が身につけたい資格の取得状況について調べる。
  • 施設や設備が充実しているか調べる。

卒業生の進路

2019年度卒業生の進路状況

卒業者数223名(男子102名・女子121名)
進路 大学 短期大学 専修専門学校 就職 進学準備・その他
人数 165 8 21 0 29
割合 74% 3.60% 9.40% 0% 13%

2018年度卒業生の進路状況

卒業者数241名(男子113名・女子128名)
進路 大学 短期大学 専修専門学校 就職 進学準備・その他
人数 183 9 26 1 20
割合 75.90% 3.70% 10.70% 0.40% 9.10%

2017年度卒業生の進路状況

卒業者数239名(男子116名・女子123名)
進路 大学 短期大学 専修専門学校 就職 進学準備・その他
人数 191 8 12 2 26
割合 80% 3% 5% 1% 11%