学校情報

学校情報

  • 最新進学実績情報
  • 進路情報
  • 特進コース
  • 二松學舍で学んだ文化人
  • 全国高等学校野球選手権大会出場支援募金はこちら
  • 資料請求/お申込フォームはこちらから

二松學舍の風景(動画)

二松學舍での学校風景を動画で紹介しております。参考に是非ご覧下さい。

学校法人二松學舍R&I格付け 【A-】取得

二松學舍で過ごす3年間がわかる二松生物語。生徒たちが様々な進路を選び、目標に向かって学んでいく感動的ストーリーです。

二松學舍大学

松友会-二松學舍大学付属高等学校同窓会

本校の同窓会組織として運営され、卒業生への連絡や、情報提供をしております。

教育方針

誰も知らない 自分だけの明日。
そこへは、
一日、一日の積み重ねでたどり着きます。

「人間力」「語学力」「進学力」「創造力」という4つの力のことを、二松學舍では
未来力
と呼んでいます。
それは、自分の人生をどう生きるかを考え、決定し、実効することができる力のこと。授業だけではなく、クラブ活動や様々な行事をクラスの仲間や先生と過ごす中で培われていきます。

多感で吸収力のある高校生の時期に確かな土台を作ることで、生徒の人生を切り拓く力を育成します。


1.人間力

多くの人が生きる社会の中では、自分を主張しながらも同時に、共に生きる他者を思いやることが大切です。リーダーシップと協調性。この2つをバランス良く身につけることで人間力の形成ができるのです。
本校では「仁愛・正義・弘毅・誠実」の校訓に基づいた人間教育を展開することで、人生において多感な時期に自分の生き方や他人との関係について考えを深めます。

論語教育

3年間を通じて「論語」を学ぶ授業を実施。生徒たちは、孔子と弟子たちの問答をまとめた「論語」に触れることで、「人としてどう生きていくべきか」を自らに問いかけ、豊かな人間性を育みます。

温故知新を学ぶ

「論語」は中国の偉大な哲学者「孔子」の言行を弟子たちが記録、編集したものです。この中には人生を豊かに過ごすための知恵が数多く含まれています。授業では「論語」の章句を読むことを通じて、仁や礼の大切さを学び、実生活の中に反映させることを学びます。ごく当たり前のことが中心ですが、まさに「温故知新」です。

校訓
仁愛

思いやりや、情けを持って人を愛すること

正義

道徳・道理にかなって正しいこと

弘毅

度量が広く、意志の強いこと

誠実

偽りがなく、真心がこもっていること

※他人の言行を一概に拒否することなく受け入れる、心の広さ


2.進学力

志望校に合格するには、今以上の学力を身につけることが大切です。しかし、受身の姿勢のままでは、本当の意味での学力は身につきません。「自ら学ぶ力」を持ち、積極的に新たな知識を吸収することで、進学への意欲が高まっていきます。すべての生徒が受験というハードルを乗り越えていけるよう、本校では”進学力”の習得に力を入れています。


3.語学力

二松學舍は創立時より国語力の育成に力を入れてきましたが、グローバル化が加速している現代においては、外国語によるコミュニケーションが何より重要と考え、 「国際人としての英語力」の習得を目指しています。
1年次の早い段階からネイティブスピーカーの教師による生きた英語に触れることで、日常生活での会話を学びます。また、ハロウィンや感謝祭などアメリカの文化や風習にも触れ 国際人としての語学力を身につけていきます。

第二外国語教育

3年次に希望者は第二外国語として「中国語」か「韓国語」のどちらかを履修することができます。 二松學舍大学の教員による直接指導で、文化や風習についても学ぶことができ、日本の隣国の言葉に対する理解を深めることができます。

※希望者のみ

ネイティブスピーカーによる直接指導(英語科教諭 ジョン・ガラット)

スピーキング、ヒアリングを中心とした授業です。時には早口言葉、歌、スキットなどを取り入れ、楽しみながら学習できるよう心掛けています。


4.創造力

創造力は「モノを創る力」だけではありません。日常の学習やクラブ活動などで感じたことを、それぞれで創意工夫し未来に活かしていく。自分が、こうなるたいというイメージを持ち、 そのビジョンを描いていく力こそ創造力です。
二松學舍では、生徒が自らの意志で学ぶ「自学自習」の精神を尊重し、創造的で自発的な学びへの意欲を応援します。

高大連携

附属校のメリットを活かした取り組みです。
二松學舍大学のキャンパスで大学生とともに書道を履修することができます。普段とは違う環境で、新しい刺激を受けることができるだけでなく、二松學舍大学へ進学した場合は、大学の単位として認定されます。

チューター制度

二松學舍では進路指導の一環として、チューター制度を導入。
現役の大学生の男女1名を講師に依頼し、文系・理系教科それぞれに対応。勉学を教えてもらうことはもちろん、勉強の仕方や大学の様子など、現役大学生ならではのアドバイスが受けられます。