AED(自動体外式除細動器)とは

AED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)は、全身に血液を送ることができなくなる心室細動等の致死性の不整脈など、突然心停止状態に陥った際、心臓に電気ショック(除細動)を与えて、正常な状態に戻す為の医療機器です。
除細動が必要とされるか否かをAEDが心電図をみて自動的に判断し、心肺蘇生に必要な手順も音声などにより指示が出されるため、専門的な医療知識を必要とせず、一般市民の方でも簡単に使用することができます。

本校では1FホールにAEDを常設し、心室細動(心室の痙攣、細かい震えなどにより数分で死に至る非常に危険な不整脈)に代表される心停止のリスクに備えています。

2013年AED講習会 9月2日(月)午後
保健委員生徒 11名
教員 10名
合計 21名参加