学校情報

学校情報

  • 最新進学実績情報
  • 進路情報
  • 特進コース
  • 二松學舍で学んだ文化人
  • 資料請求/お申込フォームはこちらから

二松學舍の風景(動画)

二松學舍での学校風景を動画で紹介しております。参考に是非ご覧下さい。

学校法人二松學舍R&I格付け 【A-】取得

二松學舍で過ごす3年間がわかる二松生物語。生徒たちが様々な進路を選び、目標に向かって学んでいく感動的ストーリーです。

二松學舍大学

松友会-二松學舍大学付属高等学校同窓会

本校の同窓会組織として運営され、卒業生への連絡や、情報提供をしております。

学校情報

二松學舍大学附属高等学校は学ぶ生徒一人ひとりの人生を、個性や教育理念という一本一本の糸を織りこみながら、未来へと向かう美しく力強い一人の人間として育てていきます。

建学の精神

知行合一

日本を代表する漢学者であり、明治法曹界の重鎮としてもその名をはせた三島中洲。明治10年10月10日、彼が創立した「漢学塾二松學舍」が二松學舍の原点です。当時の日本は、明治維新後の混乱期。欧米の文化が次々と入り込んでくる中、新政府発足に向けた動きも着々と進んでいました。明治維新から10年、西洋文化の摂取に汲々としている状況を憂えた中洲が考えたのは、日本人としてのあるべき姿。「東洋の文化を学ぶことこそが、我が国本来の姿を知りうることになる」と主張。東洋学の確立と新時代を担う国家有為の人々の育成を目指しました。そこに掲げたものは、「知行合一」と「温故知新」という精神であり、「己を修め人を治め一世に有用なる人物を養成するに在り(自ら考え行動できる能力を鍛え、社会のために貢献する人物を養成する)」という教育理念でした。中洲は、日本という国が開かれる時代に、自国を正しく理解し、母国語を正しく表現することができる、真の国際人の養成を目指したのです。
高校・大学・大学院を有する教育機関へと発展した二松學舍。本校は、この理念と140年以上に及ぶ伝統を受け継ぎ、日本の未来を担う人材の育成に取り組んでいます。

創立者 三島中洲(1830~1919) 創立者 三島中洲(1830~1919)
三島中洲(ちゅうしゅう)。名は毅(き)、字は遠叔。中州は号(雅号)。天保元年、備中窪屋郡中島村(後の中洲町、現在の岡山県倉敷市中島)に生まれた。11歳から学問を志し、14歳で儒学者山田方谷の門に入り陽明学を学んだ。さらに斎藤拙堂のもとで見識を深め昌平黌において佐藤一斎に学んだ。30歳の時、備中松山藩に仕え、幕府老中でもあった藩主板倉勝靜とともに激動の幕末を経験した。明治維新後、新政府の命により上京、新治裁判所長、大審院判事(現在の最高裁判所判事)を務めた。明治10年、官を辞し「漢学塾二松學舍」を創設。多くの子弟を育成し、漢学・東洋学の発展に尽力した。のちに東京高等師範学校教授・東京帝国大学文科教授・東宮御用掛・宮中顧問官を歴任した。

校章の由来

「松かさ」の組み合わせは、生徒・教職員・父母が三位一体となり、協(とも)に育っていく(教育は協育なり)という教育方針の象徴です。
また論語の「歳寒くして然る後に松柏の凋(しぼ)むに後るるを知るなり」の章句の、「困難に遭遇した時自己の真価を発揮できる人間」の完成を目指すという意義がこめられています。
校章

二松學舍大学附属高等学校の歩み

1948年 (昭和23年)4月二松學舍高等学校開校
1953年 (昭和28年)4月二松學舍大学附属高等学校と改称
1957年 (昭和32年)4月夜間制課程の募集を停止
1959年 (昭和34年)4月特別教育活動として「論語」の授業を開始
鉄筋コンクリート4階建東側新校舎竣工
6月以降1960年に南側校舎、1963年に西側校舎竣工
1966年 (昭和41年)4月千葉県東葛飾郡沼南町大井に総合運動場、野球部合宿所竣工
1971年 (昭和46年)7月野球部全国高等学校野球選手権東京都大会準優勝
以降東京大会で1974年、1984年、1992年、1998年、2002年、
2003年、2004年準優勝
1974年 (昭和49年)4月商業科の募集を停止
1977年 (昭和52年)10月二松學舍創立100周年
1980年 (昭和55年)3月野球部全国高等学校野球選手権東京都大会準優勝
以降54回、74回、76回大会に出場
1982年 (昭和57年)3月野球部第54回選抜高等学校野球大会出場、準優勝
1990年 (平成02年)3月「二松學舍大学附属高等学校四十年史」刊行
1997年 (平成09年)4月二松學舍大学附属高等学校創立50年
9月新校舎竣工、仮校舎より移転
10月本校創立50周年記念式典挙行
「二松學舍大学附属高等学校五十年史」刊行
2004年 (平成16年)3月二松學舍大学新九段キャンパス竣工
2006年 (平成18年)4月教育課程見直しと学校改革に入る
2007年 (平成19年)4月週6日制実施
2008年 (平成20年)9月本校創立60周年記念式典挙行
2009年 (平成21年)4月学校運営連絡協議会設置
2014年 (平成26年)7月全国高校野球選手権東東京大会 優勝
2014年 (平成26年)8月第96回全国高等学校野球選手権大会 初出場
2015年 (平成27年)3月第87回選抜高校野球大会 出場
2017年 (平成29年)7月全国高校野球選手権東東京大会 優勝
2017年 (平成29年)8月第99回全国高等学校野球選手権大会 出場

二松學舍に学んだ文化人

夏目漱石 夏目漱石(1867~1916)

夏目漱石は、近現代文学史にそびえる明治時代の文豪の一人であり、英文学者でもある。文学を追求研究しつづけた漱石にとって、少年時代に、漢学塾二松學舍で学んだことが、彼の小説における儒教的な倫理観や東洋的美意識を磨いたといわれる。明治14(1881)年4月、夏目漱石(本名・夏目金之助)は、当時漢字塾だった二松學舍の門を叩いた。その年の「二松學舍入学者名簿」には「塩原金之助」の名が記載されている。漱石が在籍していたのは、1年ほどだったが、多感な少年時代に二松學舍で培った漢詩文の知識と教養は、文豪のその後の人生に大きな影響を与えた。

中江兆民 中江兆民(1847~1901)

明治期の思想家。フランス留学後、その経験を活かし社会の啓蒙と自由民権運動に活躍した。

犬養毅 犬養毅(1855~1932)

国会開設以来、政党政治家として活躍。内閣総理大臣。青年将校らによる5.15事件で死去。

嘉納治五郎 嘉納治五郎(1860~1938)

講道館を創設し、柔道普及に尽力。日本体育協会創設者。初代IOC委員として活躍した。

平塚雷鳥 平塚雷鳥(1886~1971)

女性解放運動家。婦人文芸集団・青踏社創設。市川房枝らとともに婦人参政権運動に尽力した。

嘉悦孝子 嘉悦孝子(1867~1949)

横井小楠の影響を受け、女子教育に道徳と経済を重視。日本女子商業学校を創設した。